むくみやすくなってしまう食生活

むくみが起こりやすくなってしまう食生活とは?

むくみが起こりやすくなってしまう食生活は寝る前に水分をとると朝起きたらむくむとおかしな言い伝えがあるようですが、これは間違っている情報です。
健康な人は寝る前に水分をいくらとってもむくみません。

 

血行が悪くなっていることが原因です。まず食生活を見直す方が先決です。

 

注意するべき食生活について

どんな病気もそうですが、塩分や糖分の取りすぎです。この二つを必要以上にとりすぎるとビタミンB群が不足してきます。

 

塩分が分解するのにナトリウムが増えるため起こる余分な水分がむくみの原因です。

 

ビタミンB群が不足すると肥満、血行、神経と様々な原因がでてきます。
むくみを予防するにはバランスのよい食事が大切です。

 

塩分まったくとらないのも逆効果ですので塩分を控えるための調理方法を考えましょう。旬のものはそのままいただく。
薄味にする。塩、醤油、砂糖など調味料は控えめにして天然だしで調整する。

 

海藻類や野菜や果物を中心に食べる。タンパク質をしっかり食べる。
ケーキや甘いものはひかえる。などの工夫しだいでむくみが解消できるはずです。

 

巡りのサポートに嬉しい栄養が沢山詰まったおすすめサプリ