ふくらはぎむくみ 仕組み

ふくらはぎがむくんでしまう仕組み

むくみとは余分な水分が溜まった状態で、余分な水分は主に血管に溜まるのです。

 

これは足が体の一番下にあるから重力で体の水分が下に溜まるからです。
体の一番から心臓まで血液を押し上げるのは大変で、押し上がりきれなかった水分が、そのまま溜まって残るのです。

 

この溜まった血液を溜まることなく心臓に戻してあげればむくみは解消されます。

 

あまりにも溜まった水分は筋肉組織でも溜まるけど、血液を心臓に戻すようにすれば、足全体のむくみは解消されます。

 

つらいむくみの症状

毛細血管が太く浮き出てる状態はかなり重症です。
ここまでくればふくらはぎをマッサージして、溜まった血液を心臓へと戻しましょう。

 

つらいむくみの症状は仕事などでの同じ姿勢でいるといった原因だけでなく、食生活も大きく影響してきますので、場当たり的なマッサージだけでなく、食事内容にも気を配ることが必要です。

 

 

ふくらはぎは第二の心臓と言うくらい、血液の循環の手助けをしているのです。

 

ふくらはぎの筋肉を動かす事が、ポンプの役目になって足に溜まった水分を身体全体に循環させて、むくみが解消されます。
こうなると代謝が良くなり、美脚はもちろん美容にも良いのです。