ふくらはぎ むくみ 痛み

痛みを伴うふくらはぎのむくみを解消する方法

夕方になると足がむくんで靴がパンパンになるというお悩みをお持ちの女性は多いと思います。
だだ、むくみの中でも皮膚がパンパンに張って固くなり痛みを伴う場合は、かなりの重症かもしれませんので、対処を考えることが必要です。

 

注意したいのが病気によるむくみ

むくみは生活習慣や食事などによる影響だけでなく、腎臓や肝臓の病気が関係している場合もあります。
また、血管障害の恐れもあり注意が必要です。

 

これらは専門医に相談して、早期に対処することが重要です。

 

病気以外のむくみの対処

ただ、一般的なむくみからくる痛みを解消する場合には、直接働きかけるマッサージがおすすめです。
エステサロンやトリートメントルームへ行く事もいいですが、ここではご自宅で出来るセルフケアについて紹介します。

 

むくみで痛む時のマッサージケア

ふくらはぎのむくみ解消

まず、血行を良くするために足浴をしましょう。

洗面器に少しぬるめのお湯をはって足を入れて下さい。

 

この時、お好みでお湯にアロマオイルを数滴に落とすとリラクゼーション効果にもなりとてもいいです。

 

そして、5〜6分すると血流が良くなり体があたたかくなり汗ばんでくると思います。
体が温かくなったら洗面器から足を抜いて丁寧に拭いてください。

 

そして、こうして血行が良くなった所で優しくマッサージしていきます。
ただし、痛みを伴うほどのむくみの場合、あまり圧をかけないでマッサージする事をおすすめします。

 

そんな時は、軽いマッサージでアロマオイル自体にむくみを解消する働きのあるオイルの助けを借りましょう。

 

サイプレス、シダーウッド、ジュニパー、ゼラニウムは、むくみやむくみに関する不調を調える効果のアロマオイルです。

 

即効性はありませんが、コツコツ続ける事で少しづつ楽になっていきます。その過程で、今の生活習慣を見直し、きちんとセルフケアしていき健康的な美脚ライフを取り戻しましょう。

 

食習慣のサポートにおすすめのサプリ